Home

モノづくりを続けるために、
大切なコトは何だろう。

これからも、モノづくりを続けてゆきたい。
そのためには、変わるべきコトがある。
小泉誠さん(家具デザイン)を中心に
村田一樹さん(グラフィックデザイン)
平塚智恵美さん(コーディネート)
そして、大雪木工のスタッフみんなと一緒に
大雪木工のこれからを考える
大切なプロジェクトが動き出しました。
これは、ただの製品開発ではありません。
これからも「モノ」をつくり続けていくために
大切な「コト」を探求し続けるプロジェクト。
その探求の先に私たちが見つけるもの。
それを家具というカタチで表現していきます。

これからも、モノづくりを続けてゆきたい。そのためには、変わるべきコトがある。小泉誠さん(家具デザイン)を中心に、村田一樹さん(グラフィックデザイン)平塚智恵美さん(コーディネート)そして、大雪木工のスタッフみんなと一緒に大雪木工のこれからを考える大切なプロジェクトが動き出しました。これは、ただの製品開発ではありません。これからも「モノ」をつくり続けていくために、大切な「コト」を探求し続けるプロジェクト。その探求の先に私たちが見つけるもの。それを家具というカタチで表現していきます。

01

01

大雪木工らしさが大切

大雪木工らしさが大切

02

02

意気込みや心意気が大切

意気込みや心意気が大切

03

03

生活を考えた家具が大切

生活を考えた家具が大切

04

04

伝えたい気持ちが大切

伝えたい気持ちが大切

05

05

呑み会での無礼講も大切

呑み会での無礼講も大切

06

06

大切にしたい思いが大切

大切にしたい思いが大切

07

07

一緒にワクワクする事が大切

一緒にワクワクする事が大切

08

08

急かず焦らずじっくりが大切

急かず焦らずじっくりが大切

09

09

つくり続ける事が大切

つくり続ける事が大切

いつまでも作り続けられる家具、
いつまでも使い続けられる家具。

大切プロジェクトを始めた理由のひとつに、「モノづくりのスタイルを本来あるべき姿に見つめ直したい」という想いがありました。それは、「北海道の森」を中心に考えたモノづくり。森の持続可能性を大切に、材料には家具材としてあまり活用されてこなかった北海道産の「ハンの木」を使用。さらに、用途を限定しない「いろいろ使えるデザイン」で、いつまでも作り続けられる、いつまでも使い続けられる家具が生まれました。広葉樹にも関わらずとても軽いハンの木の特性を活かした、強度と軽快さを合わせもった家具です。

大切プロジェクトを始めた理由のひとつに、「モノづくりのスタイルを本来あるべき姿に見つめ直したい」という想いがありました。それは、「北海道の森」を中心に考えたモノづくり。森の持続可能性を大切に、材料には家具材としてあまり活用されてこなかった北海道産の「ハンの木」を使用。さらに、用途を限定しない「いろいろ使えるデザイン」で、いつまでも作り続けられる、いつまでも使い続けられる家具が生まれました。広葉樹にも関わらずとても軽いハンの木の特性を活かした、強度と軽快さを合わせもった家具です。

Table

W1350/1500/1650 D800 H700
¥129,000/¥134,000/¥139,000

同シリーズのワゴンが収まるテーブルは、食卓はもちろん家族のワークスペースとしても活躍。T型の脚はスムーズな出入りを実現。天板には手触りの良いタフな無垢材を使用しています。

Chair

W450 D390 H665
¥40,000

座面の高さを調整することで、小学生から大人までいつまでも使える椅子。5段階の昇降位置は成長に合わせた不均等な間隔で設定。ズレ落ちない専用設計の座布団(オプション)も。

Butsudan

W400 D200 H350
¥33,500

現代の暮らしにそっと寄り添う、シンプルな仏壇。扉を取り払うことで、開放的でコンパクトなサイズを実現。フロストミラーの反射で、仏壇の中をやさしい自然の光で照らします。

Cabinet 1200

W1201 D360 H700
¥96,000

大きな本や書類は扉の収納に。細かい生活雑貨は引き出しの収納へ。整理整頓がしやすいキャビネット。取手には、汚れが目立たず手触りの良いウォールナットの無垢材を使用しています。

Cabinet 800

W801 D360 H700
¥64,500

浅めの奥行き設定で、部屋を広く使うことができるキャビネットは、薄型ながらA4ファイルも収納可能。幅木があっても壁にぴったり置ける設計で、天板上の物の落下を防ぎます。

Double Steps

W300 D330 H450
¥29,500

発想次第で使い方が広がる2段のステップ。子供が座れば、足置きつきのスツールに。玄関やキッチンでの「ちょい掛け」にも便利。リビングでは花台として。そして、もちろん踏台としても。

Wagon

W310 D380 H590
¥40,000

引き出しがそのままトレーとなるオープンタイプのワゴン。下のスペースにはランドセルがすっきりと納まります。デスクのみならず、同シリーズのテーブルとも組み合わせて使用可能です。

Desk

W1000 D560 H702
¥72,500

小学校から大人までずっと使える、無垢材の天板を使用したシンプルなデスク。ころころ転がるえんぴつなどの落下を防止する転び止めなど、細部までこだわったデスクです。

プロジェクトメンバー

小泉 誠
家具デザイン

長谷川将慶
代表取締役

伊東和宏
工場長

植野真好
製造部主任

小野和則
営業開発次長

志子田直育
製造部主任

軽部 学
製造部課長

加賀美博明
専務取締役

小山田寛幸
取締役品質管理部長

中谷仁美
営業開発部

長谷川誉朗
営業開発部

長谷川貴充
常務取締役

福地源一郎
製造部係長

藤田明久
営業開発部長

吉田浩士
製造部長

平塚智恵美
コーディネート

村田一樹
グラフィックデザイン

Copyright © 2017 Taisetsu Mokko Co.,Ltd